みなさんは、常に独立を考えて、人脈を作っていますか? その流れを読んで、流れに乗れなければ、ネイル業界では生き残っていけないのでしょう。 ネイリストとして活躍していた人でも、独立し今度は自分が経営する立場になれば、またその能力は違ってくるかもしれないのです。 技術や資格はとても大切なことですが、それだけで経営は成功できるのかと言えば、そうではないのです。 ネイリストとしての能力と経営能力とは、また別のものとして考えなければいけません。 さて、独立しネイルサロンを開きたいと考えている方、次のどちらのタイプのお店を希望していますか? 一つ目は、従業員を雇って、たくさんの顧客を持って、自分の年収もアップ出来るネイルサロン。 二つ目は、小さなお店でも、ネイリストは自分一人だけで、年収もそれほど気にしないタイプのネイルサロン。 既婚者の方でご主人の収入で食べていけるが、趣味の一環で自宅サロンを開いている方は、このタイプになりますよね。 自宅での小さなサロンは、エステなどの業界でも、とても人気があるのです。 そして、何よりも、自宅サロンはリスクが少ないのです。 設備投資も、それほどかからないだろうし、家賃も発生しないので、万が一うまく経営できなかったときの痛手が少なくて済むのです。

関連ページ