プロミスのWEB申し込みは大丈夫?

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、プロミスのカードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためプロミスのカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

複数の消費者金融プロミスから借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のプロミスのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融プロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融プロミスも法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでプロミスのキャッシングするという方法があります。

引用元:プロミスWEB申し込みできる?ネットで完結!【借り入れ体験談】

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのでまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融プロミスのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融プロミスのメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融プロミスは貸金業法なのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。