看護師が病院からデイサービスへ転職したらどうなるの?

看護師が転職を考える際に、高齢者介護の世界を視野に入れる人もいます。
多くの場合このような人は、病院での忙しい看護業務に疲れてしまった人かもしれません。
ですから、そこまでの医療的ケアが求められるよりも、デイサービスの方が少しは楽になる、と思うこともあるでしょう。
もちろん中には、病院で医療面だけで患者さんと向き合うよりも、全人的に一人の人と支えていきたいという希望をもって高齢者介護の世界に足を踏み入れる人もいるでしょうが、あまり多くはないのが現状です。
では、デイサービスに転職すると本当に楽になるのでしょうか。
多くのデイサービスは、スタッフの数に余裕がありません。
ですから、看護師だからと言って利用者の医療的ケアだけを行っている訳にはいきません。
しかも、看護師の資格を取得しているような人は、デイサービスの管理者として雇われる場合もあるでしょう。
こうなると、一つの事業所の管理を行わなければならないのですから、看護業務というよりも人的管理や環境面のハード管理などという、希望していたのとはかけ離れた仕事まで任されてしまいます。
ですから、もしもデイサービスへの転職を検討するのであれば、どんな仕事が自分の守備範囲になるのかをしっかり検討することが必要と言えるでしょう。