薬剤師転職の面接対策とは?

薬剤師転職は、一般的に非常に有利であると言われています。
なぜならば薬剤師は国家資格と専門知識とを要する仕事であり、誰もが簡単に就くことのできる仕事ではないからです。
そのため応募者が少なく、そのぶん倍率が低く採用試験や面接での合格率が高いのです。
また高齢化社会が進むにしたがって、医療機関へのニーズは増える一方となっています。
病院の薬局やドラッグストアの需要もまた、今後ますます高まっていくと予想されています。
ですから薬剤師の募集は今後も途絶えることはありませんし、薬剤師の資格を持っている人は転職しやすいというわけです。
さらに、薬剤師の資格を取得するためには大学の薬学部などで学ばなければならないのですが、その期間が以前は4年でしたが現在は6年に変更されました。
それによって、経済的な理由などから6年間も大学に通うことができず、薬学部への入学を諦める人が増えています。
つまり薬剤師を目指す人が減りつつあるのです。
そのぶんだけ、現在薬剤師の資格を持っている人にとっては転職しやすくなったと言えます。